(一社)東京滋賀県人会 会長挨拶
          新年のご挨拶
      
            一般社団法人東京滋賀県人会 会長鹿取源三
      
       新年明けましておめでとうございます。
      東京滋賀県人会会員の皆様そしてご家族の皆様、清々しい
      新年をお元気でお迎えのこととお慶び申し上けます。
       昨年はノーベル物理学賞をご三方が受
      賞されました事は、日本入にとってこの上ない誉れ高き事
      でございます。
       また。ご存じの方もお有りでしょうが、東京滋賀県人会
      の役員をお引受け頂いております大高道也氏が。昨秋瑞宝
      小綬章を受章されました。.
       ここに改めましてお祝申し上げます。
       ふる里滋賀では。昨年7月に三日月知事が誕生しました。
      急に県政が変わるものでは有りませんが、県民が、県民の
      為の県政を若い知
      事に期待をしたいものです。
       そして異常気象でお米が西では不作で東では豊作のため
      新米価格が下落していると聞き及んでおります。アヘノミ
      クスも一部の方だけに効果があったようですが、不祥事や、
      国民の消費税の不満を解消すべくか衆議院解散、選挙とな
      りました。
       世界の情報を共有する時代、TPPの問題も議員の皆さん
      にしっかり考えて対処して頂きたいと思います。
       昨年十月に第四回目の「淡海の人大交流会」が開催さ
      れました。やはり毎年ながら参加者が三百人以上となり、
      年々交流の意義が深まりこの会の重要性が感じられます。
       今年の「大近江展」は三月十一日よりとなりますので
      皆様も是非ふる里の物産をお買い求め頂きふる甲滋賀を
      応援して慎きたいと存じます。
       最後になりましたが会貝のみなさまのこ健康と、ふる里
      滋賀の発展を祈念しまして新年のご挨拶と致します。